青少年のための科学の祭典 in 小金井

2018年9月
「青少年のための科学の祭典東京大会in小金井」に「ラズパイで遊ぼう」で出展
2018年9月23日(日)に東京学芸大学で開催
大会の詳細は 「青少年のための科学の祭典東京大会in小金井」のサイトを参照
   10時開始から16時30分の終了時まで途切れることなくお子様と親御さん、祖父母や一般の見学者など、大勢の方々が訪問。主に小学生にはロボットの操作やScratchプログラミングを楽しいんでいただきましたが、マウスとキーボードも使える上に飲込みの速さに感心しました。
  ラズパイを初めて見た人も多く、価格の安さ、超小型、高性能に驚いていました。
1.Scratchプログラミングの体験
 Scratchプログラミングの体験は、ノートパソコンのサーバーに有線LANでスイッティングハブを介してつないだ8台のシンクライアントのRaspberry Pi(ラズパイ)で行った。 シンクライアントのラズパイにはOSはなし(Raspbian OSのマイクロSDカードの挿入せず)。
 サーバーのRaspbian Desktop OS のScratch2をシンクライアントのラズパイから操作した。
 最初から最後まで入場者が絶えることなく、ほとんどのお子さんは、Scratchは初めての体験だったが、熱心にプログラム作りを楽しんだ。
Raspiシンクライアント
2.Nゲージ鉄道模型と信号点滅および運搬ロボットをScratchプログラムで操作
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
自作の信号機と画面が交差点が連動
Scratchでプログラミング
レールを走るSLの前進ストップ後退、速度を制御
Scratchでプログラミング
自作運搬ロボット、ピンポンを運んでゴールに入れる
Scratchでプログラミング
会場風景
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真
科学の祭典写真