大人のプログラミング学習会

初めてでも易しいScratchスクラッチで楽しいプログラミング
プログラミングによる老化防止と社会参加
 NPO法人らくビットは、2016年6月から毎週火曜日午前にビジュアル・プログラミング言語・Scratchの学習会を開催してきました。子どものプログラミング教育用に開発されたScratchは、大人にとっては易しく、プログラミング未体験者でも楽しく習得できます。高レベルなプログラムも可能で、さらにRaspberry Piを使うと電子工作やロボットのプログラミングもでき、奥の深い言語です。会員の中で火曜日以外の開催希望があり、月曜日と土曜日にも開催しています。コーヒーサービスもあり、和気あいあい、大変楽しい会になっています。
常時入会募集しています 学習会参加にはらくビットに入会が必要です(年会費6000円)
毎週3回開催。都合の良い日時に参加できます。
毎週 月曜日14時−16時、火曜日13−15時、土曜日10−12時
場所 コミュニティサロンはけ (NPO法人らくビット事務所)
1回 300円(自家焙煎の美味しいコーヒー(菓子付)サービス)
Raspberry Pi(ラズパイ)を使用  
Raspberry Piは教室で用意します(ご希望の方には、Raspberry Piセットを斡旋します(有料))
お問合せ・お申込み先:ask@racoubit.org
チラシ ***クリック***
プログラミング学習会
Scratchの構成
Scratchの構成とプログラミング
 一つのステージに複数のスプライト(ステージ上で動作する人や動物や物)が配置されます。それぞれのスプライトにはスクリプト(動作のプログラム)とコスチューム(スプライトの変身)、が付随しています。

 下図は、水槽の中で1匹の魚が泳ぎ、端に当たると反転して反対方向に泳ぐのを繰り返すという簡単な例です。
Scratchの画面Fish
ステージ
スプライト
スクリプト
スクリプトのブロック(命令)つないでプログラミング
⇒ 緑の旗をクリックするとプログラムを実行
⇒ スプライト(この場合魚)がひっくり返らずに左右の移動をさせる
⇒ 以下を繰り返す(魚のスクリプトの左右移動)
⇒ 3歩ずつ全身
⇒ 端に来たら方向を逆にする